歯茎を美しくするための治療

歯茎を美しくしたい歯茎を美しくするための治療

歯茎の色で、清潔感や笑顔の印象が大きく変わってきます。

歯茎の黒ずみの原因の多くは、歯肉に沈着したメラニン色素。
それを取り除く美しくするには、薬品を塗布して歯肉の表層を
薄く剥離させることで歯ぐきの美しさを取り戻す
「歯肉ホワイトニング」という治療が効果的です。

歯肉ホワイトニング

歯肉ホワイトニング歯肉が黒ずむ最も多くの理由は、メラニン色素の沈着によるものです。
メラニン色素は喫煙などの生活習慣により歯肉の浅い部分に
沈着していきます。歯肉の黒ずみの部分に薬品を塗布し、
メラニン色素が沈着している歯肉の表面のみ白く反応させます。
薬品を塗布後、2、3日ほどで白くなった表面は自然には がれおち、
新しい歯肉が再生されていきます。  
表面麻酔を使用しますので、痛みもほとんどありません。
歯肉を削ったりしませんので、治療後に歯肉が腫れたり、痛んだりすることなく
簡単にメラニン色素が沈着する前の綺麗なピンク色を取り戻すことが出来ます。

適している方

歯肉ホワイトニングは、歯茎の黒ずみが気になる方に適した治療です。

・歯茎の黒ずみ(メラニン色素)が気になる
・歯茎の色が気になって笑顔に自信が持てない
・歯のホワイトニングをしたので、歯茎もきれいにしたい
・部分的に歯茎が黒い

歯肉ホワイトニングの特徴

歯肉に表面麻酔を塗布して治療を行いますので、痛みはほとんどありません。
薬品を塗布後、一時的にメラニン沈着部分は白くなりますが、2~3日して自然と表面がはがれ落ち、
その後1~2週間で元々の自然な歯茎の色になります。

治療時間は5分ほど。治療前にはしっかりとカウンセリングを行います。
カウンセリングと同時に治療可能です。

治療後は、施術部位が白くなります。食べ物によってはしみることがありますが、
2、3日ほどで白い部分がめくれて、美しいピンク色の歯ぐきがでてきます。

施術の回数はメラニン色素の沈着具合によります。
通常は1回で完了しますが、沈着がひどい方でも2~3回くらいの施術で完了します。

セラミッククラウンと何が違うの?

歯肉ホワイトニングの治療は、一般的なものですが、その存在を知らない方も多く
「歯茎の黒ずみは治らない」と思い込んでいる方が多くいらっしゃいます。

当院に歯の治療にお見えになった患者様の中にも、歯肉ホワイトニングの存在を知り
「もっと早く治療すればよかった!」と喜ばれています。

歯茎の色で、清潔感や笑顔の印象が大きく変わってきます。
費用も1万円程度と比較的簡単な治療ですので、「歯茎の黒ずみが気になる」「笑顔に自信がない」
という方におすすめの治療です。

当院のラミネートベニア治療

まず歯を残す努力をする歯茎のメラニンは一度除去したら、基本的には再発することはありませんが、
メラニン色素が作られてしまう原因がある限り、時間が経つと
またメラニンが沈着してしまいます。
色素沈着の原因である、生活習慣や・歯周病・口元のトラブルも改善していきましょう。当院では、それらの原因解決のアドバイスもしています。

当院のインプラント治療の基本理念

来院1回(治療時間は5分ほど)

治療後、2,3日ほどで歯ぐきの表面が剥離し、美しい歯ぐきが出てきます。
再来院は必要ありませんが、気になる方は、もう一度ご来院ください。
沈着がひどい方は、2~3回くらいの施術が必要です。

当院のインプラント治療の基本理念

歯肉のホワイトニング 上10,500円       
下10,500円
筑紫口歯科クリニック 092-413-0118
ページの先頭へ